ハチノジ・フグ

汽水魚とは、淡水と海水が入り交ざった境界域に生息する魚のことをいいます。干潮のときに川の中流域から下ってくる魚や、満潮のときに上ってくる海水魚もいます。東南アジアの代表的な汽水魚にはミドリフグがあります。このミドリフグの仲間にはどんな種類の熱帯魚がいるのでしょうか。※画像は「ハチノジ・フグ


汽水魚ってどんな熱帯魚?

汽水魚の魅力

一口に汽水域といってもその場所によって濃度も違い、それぞれの熱帯魚に適応できる範囲というのがあります。一生を汽水域で過ごす熱帯魚もいますし、もともと海水で育ってきた熱帯魚が汽水域に入って適応した、というものもいます。日本でも汽水域に行けば、つかまえることができます。その場に行くと、こうして少しずつ熱帯魚は進化していったのかな、と思いを巡らせたくなるものです。

淡水フグ

淡水フグの生態について
分類 フグ目フグ科など
地域 東南アジア
エビ・ミジンコ・めだかなど
体長  
かかりやすい病気 白点病

東南アジアの汽水魚として最も人気があるのが、ミドリフグです。ミドリフグは淡水フグという仲間に属します。淡水フグとは、淡水や汽水で成長するフグをいいます。フグをひとまとめにして淡水フグと呼んでいるといって良いでしょう。見た目は丸くて可愛いのに、気が強かったりとげを持ったりしてなかなか手ごわいのが特徴です。日本のフグとは全く違う印象を受けるでしょう。

淡水フグの種類

フグといってもハリセンボンやマンボウなどたくさんの種類があります。ここでは東南アジアの、フグ目フグ科に属する淡水フグを紹介します。

ミドリフグ

東南アジアの汽水魚としても代表的なのが、このミドリフグです。スリランカから中国南部にかけて生息しています。見た目の可愛さとは別で気が強いので、単独で飼育します。大きくなると15cmくらいになります。

ハチノジフグ

タイやインドネシアに生息するフグで背中に「8」のような模様があります。大きくなると18cmくらいになります。

マレーフグ

マレーシアやインドネシアに生息するフグで、淡水性です。

メコンフグ

タイやベトナムなどを流れる巨大なメコン川、タイのチャオプラヤー川流域に生息する中型のフグです。肉食で気が強いので単独で育てます。

そのほかの汽水魚

淡水フグだけでなく、ほかにも個性的な汽水魚がいます。汽水魚の飼育条件もありますが、その個性に魅了され、単体で飼育しようという人が少なくありません。

淡水エイ

どちらかというと、南米産のイメージが強い淡水エイですが、東南アジアにも生息しています。アカエイといって日本でも15種類のアカエイが生息しています。エイは卵ではなく、稚魚を産む特徴があります。毒を持つので飼育が難しいとされていますが、たくさんの愛好家がいます。

ニードル・ガー

サヨリやトビウオと同じダツの仲間でガーの中では1番小さいのがニードル・ガーです。インドやタイなどで生息し、大きいもので30cmくらいまで成長します。細長い体をして、口も長く伸びます。めだかなど小魚を獲るときに便利なようです。ニードル・ガーは驚くとジャンプをしたり、水槽に口をぶつけたりします。飼育するときは口のけがに注意が必要です。

デルモゲニー

サヨリの仲間で、ニードル・ガーの口を短くしたような感じです。成長してもあまり大きくなりません。タイやマレーシアに生息していて、卵ではなく稚魚を産みます。

トビハゼ

トビハゼはスズキ目ハゼ科に位置し、オオトビハゼと共にマッドスキッパーとも呼ばれます。東南アジアやアフリカなど広い範囲に生息しています。エラ呼吸や皮膚呼吸を使い分けて陸に上がることもできます。

汽水魚の飼育

大きな淡水エイやけがをしやすいニードル・ガーは大きな水槽を用意します。淡水で飼育できる魚と汽水で飼育する魚がいるので水質管理や混泳には注意しましょう。汽水にする場合は、海水の素(海塩)を使って弱アルカリ性にします。普通の塩と比べるとミネラルやカルシウムなど必要な成分が随分と違います。化学成分の入った食塩は使わないようにしてください。またほどんどの汽水魚は単独で飼育しますが、水質や体の大きさによっては混泳できる汽水魚もいます。お互いにストレスがかからないよう、様子を見て混泳してくださいね。

汽水の作り方

汽水というのは、半海水の状態をいいますが、熱帯魚によってその濃度はバラバラです。ここでは、海水の素を使った汽水の作り方を説明します。海水の素は熱帯魚やさんやペットショップで売られています。メーカーによって若干水に対する分量が違うので、それぞれに合わせて計量します。次に、水槽に入れるための水を用意します。水温は24〜28℃くらいにし、海水の素を加えます。下に素が残らないように、しっかりとかき混ぜます。これでできあがりです。

飼育のポイント

  • 汽水魚の種類によって、卵を産む魚と稚魚を産む魚がいます。水草があると卵を産みつけたり、稚魚が身を守るのに便利です。
  • 弱アルカリ性とは、PH7.0〜7.8くらいをいいます。弱酸性に傾くと体調を崩す熱帯魚もいるので、水草や底砂選びから水質を作っていきましょう。