カラシン

カラシンというと、みなさんはどんな熱帯魚が思い浮かびますか? 小さくて輝いて見えるテトラ系の熱帯魚をイメージする人が多いのではないでしょうか。でも、意外なことにピラニアもカラシンの仲間なんです。なんだか奥が深そうですよね。ここでは南米のカラシンを中心に解説したいと思います。※画像は「カラシン」


カラシンってどんな熱帯魚?

カラシン目という分類にはカラシン科ヤレビアシナ科など15種類の分類があり、カラシン科にはさらにケイロドン亜科やテトラゴノプテルス亜科など4つの分類があります。日本で飼育されているカラシンはほとんどがカラシン科に属しています。

カラシンの魅力

カラシンはどれをとっても美しい熱帯魚です。中南米とアフリカに生息していますが、その8割は中南米です。ネオンテトラのような小型カラシンからピラニアのように大きくなるカラシンを合わせると1500種類にもなります。小型種は安くて飼いやすいですし、ピラニアの気の強さも魅力的です。

ネオンテトラ病とは?

カラシンの生態について
分類

カラシン目カラシン科

カラシン亜科など

地域 中南米・アフリカ

生き餌・ピラニアは生魚や生肉

体長 3cm〜50cm以上
かかりやすい病気 白点病・ネオンテトラ病

小型種に多い病気に、ネオンテトラ病という病気があります。ほかの小魚にも移る病気です。尾ぐされ病と同じ細菌が原因で、筋肉が白くなったりしっぽが腐ったりします。発見したらほかの熱帯魚に移らないよう、すぐに違う水槽に移します。治療が難しい病気なので予防が大切になります。

カラシン目カラシン科の種類

カラシン(Characin)にはまだまだ知られていない珍しい種類があります。こうしたカラシンを「珍カラ」といってコレクションする人たちもいます。また、カラシンのことをネオン系と呼んで、単独で飼育する人も少なくありません。

ケイロドン亜科

  • ネオンテトラ …… テトラの中でも代表的なのが、このネオンテトラです。アマゾン川に生息しています。全身に青のラインが入り、腹びれからしっぽの付け根まで赤いラインが入っています。安価で丈夫なので、初めて飼育する人にも挑戦しやすい熱帯魚です。
  • カージナルテトラ …… ネグロ川やオリノコ川に生息し、見た目はネオンテトラに似ていますが、赤いラインが青いラインと同時に始まっているのが大きな違いです。おとなしい性格をしています。
  • グリーンネオンテトラ …… 青いラインが長く、赤いラインが薄いのが特徴です。ネグロ川やオリノコ川に生息しています。

テトラゴノプテルス亜科

  • ラミーノーズテトラ …… アマゾン川上流に生息し、全身透明感があり頭部が赤いコントラストが特徴です。体調によって、赤味が強くなったり弱くなったりします。元気よく動きます。
  • グローライトテトラ …… ギアナに生息しているテトラで、一直線に赤いラインが入っています。
  • ブラックネオンテトラ …… ブラジルに生息しているテトラで、黒い体に銀色のラインが入っています。テトラの中では頑丈で長生きします。
  • レモンテトラ …… アマゾン川流域に生息する、レモン色のテトラです。
  • ダイヤモンドテトラ …… ベネズエラのバレンシア湖周辺に生息しているテトラです。
  • レッドファントムテトラ …… ペルーやコロンビアのあたりに生息する、全身真っ赤なテトラです。赤味の強いものほど好まれます。
  • エンペラーテトラ …… 体の上半分が渋い青、体の下半分が黒い色をして人気があります。
  • ペンギンテトラ …… アマゾン川上流、ペルーのあたりに生息するテトラです。群れを作り、斜めに動くところがペンギンに似ていることから、この名前になりました。

ピラニアの種類

ピラニアはカラシン目セルサラムス科に属し、ネオンテトラなど小型カラシンの親戚です。人を食べる魚として有名ですが、実際は歯がするどいだけで臆病な性格のピラニアもいるですよ。

 

  • ピラニア・ナッテリー …… アマゾン川全域に生息しています。ピラニアの中で最も有名な種類です。飼育・繁殖も割と簡単なほうです。
  • ダイヤモンド・ピラニア …… アマゾン川中流に生息し、真っ赤な目をして特に気が強い性格をしています。
  • ブラック・ピラニア …… アマゾン川やオリノコ川に生息する、大型のピラニアです。黒い体が銀色に輝いています。
  • ピラニア・ピラヤ …… 50cmを超える大きなピラニアです。腹部がピンク色に見えることもあり、存在感や美しさが人気です。

カラシンの飼い方

水槽は45cm〜60cmのものを用意します。水温は24〜28℃にします。テネルスやアルタミラといった、中南米の水草を使います。テトラの多くは群れを作って行動します。水草があると弱いものいじめの防止にもなりますし、美しいものです。ピラニアの場合は、90cm以上の大きな水槽を用意します。部品をかじることがあるので、水槽内にセットするものに注意が必要です。

繁殖について

繁殖用の水槽には、ウィローモスを用意します。端のほうに置いておくと産卵しやすいようです。ペアを水槽に入れておくと、すぐに産卵してくれます。孵化も早く1日で孵化します。カラシンは飼育が簡単でも繁殖は難しいなんていわれています。比較的簡単なグローライトテトラやブラックネオンテトラから挑戦するのも良いかもしれません。

カラシンのいる水景

カラシンといってもいろいろいますが、ここではあまり派手ではないブラックネオン系のテトラのレイアウトを紹介します。前方には丈の短い水草、後方には有茎草を使って遠近感を出します。流木はその間に置き、全体のバランスを整えます。

飼育のポイント

  • 南米産のカラシンは9月から翌年4月頃まで、輸入量が増えます。珍カラや野生のカラシンに興味がある人は、南米からの直送便を狙ってみてください。
  • 小型種は5匹や10匹などまとめて販売されていることが多いです。群れて行動しているところがきれいなので、是非まとめて飼育してください。