肺魚

肺魚(ハイギョ)は大きくて丈夫な熱帯魚です。古代魚としての魅力やペットとしての魅力に溢れています。それなりの環境を整えて飼育するための覚悟が必要ですが、神秘的で迫力があり、飼育するだけの価値はあります。そんな肺魚の魅力について紹介します。※画像は「肺魚」


肺魚ってどんな熱帯魚?

生きている化石

肺魚は小さい種類でも50cm、大きいと2mを超える大型魚に分類されます。アロワナやガー、ポリプテルスなどと一緒に4億年も前から姿を変えないことで、生きている化石とも呼ばれています。肺魚の特徴は、その名の通り肺で呼吸するところにあります。古代魚の仲間には肺が発達した魚が多く、魚のウキブクロは肺から進化したと見る説が有力です。レピドシレンやプロトプテルスは乾季になると夏眠(メダカでいうところの乾眠)といって、肺で呼吸しながら乗り越える力があります。

最も進化した魚

また、肺魚の特徴には、ヒレにも見ることができます。ヒレはほかの魚とは違って手足のように細長く生えています。歩いたり泳ぐときにヒレを使う姿は、進化の途中を見ているようです。肺魚は魚から両生類への第一歩を見ることができるんですね。

肺魚 -- ペットとしての魅力

肺魚の生態について
分類 肺魚亜網
地域

アフリカ・南米

オーストラリア

エビ・小魚・貝類・どじょう等
体長 50cm〜2m
かかりやすい病気 特になし

生き物の進化を見る魅力もありますが、肺魚にはペットとしての可愛らしさもあります。餌を食べる姿や呼吸をするために水面に顔を出す姿は、飼っていなければ見ることができません。愛嬌があって長生きしてくれて、まるで犬や猫のようです。

肺魚の種類

ケラドドゥス(Ceratodontidae)科

  • ネオケラトドゥス・フォルステリ …… オーストラリアに生息するハイギョで、数が少ないため日本ではなかなかお目にかかれない種類でした。最近になって輸入されるようになりました。大きいものでは2mになることもあります。

レピドシレン(Lepidosirenidae)科

  • レピドシレン・パラドクサ …… 南米のアマゾン川流域に生息するハイギョで、手足(ヒレ)が短い種類のハイギョです。おとなしい性格をしていて同種の混泳も可能です。

プロトプテルス(Protopteridae)科

  • プロトプテルス・アネクテンス …… アフリカのザイールのあたりに生息しています。60〜80cmとハイギョの中ではそれほど大きくならないため、初めて飼育する人でも飼いやすい種類です。
  • プロトプテルス・エチオピクス …… アフリカのスーダン、ザイールのあたりに生息しています。最も大きなハイギョで2mになることもあります。餌をよく食べ、丈夫で20〜30年と長生きするので最後まで飼育できる人に向いています。
  • プロトプテルス・アンフィビウス …… アフリカのザンベジ川のあたりに生息しています。50cmくらいと、あまり大きくならないので飼育しやすいハイギョです。個体によって体色に幅があり、赤味の強いものから灰色がかったものまでいます。
  • プロトプテルス・ドロイ …… アフリカのザイール川(コンゴ川)流域に生息しています。ハイギョの中でも有名で細身の体をしています。成長が遅く、温和な性格をしています。

肺魚の飼い方

肺魚は大きな魚なので、小さい種類でも150cm、大きな種類なら180cm以上の水槽が必要です。水温は25〜27℃、中性にします。呼吸をするために顔を出せるスペースを空けておきます。肺魚は噛む力が強く、水槽に手を入れるときに噛まれることもあります。肺魚には胃がなく、餌を食べるときはたくさん噛みます。生き餌や人工の餌をバランスよく与えます。おとなしい性格が多いので混泳を試したくなりますが、いろんなものを食べるので、プレコやコリドラスも食べてしまう可能性があります。

繁殖について

肺魚は個人飼育ではあまり繁殖されていません。何故かというと、肺魚の繁殖には穴を60cmほど掘ってそこに卵を産みつけるという特徴があり、それだけの泥が必要になります。また、オスとメスの判別も難しいのでペアを作るには少なくとも5匹は必要とされています。ほかにも肺魚同士の相性や産卵数が多いなどの条件をクリアすれば、個人でも繁殖は可能です。難しいといわれる肺魚の繁殖は、長年飼育している人にとっても夢のようなことなのです。

飼育のポイント

  • 初めて家に迎え入れるときは、必ず飼育環境を整えてからにしましょう。
  • 肺魚は水を汚しやすく、水の汚れによる病気にかかることがあります。病気にかかりにくいといっても水換えや掃除はこまめにしてあげましょう。